FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たん母くらぶ 稲刈り

2017.10.11 04:44|たん母くらぶ
9月15日(金)
秋晴れの気持ちの良い気候の中、たん母くらぶのメンバーで稲刈りをしました。
夏休み中にたくさん降った雨にも負けず大きく育った稲はたわわに実っていました。
棚田から始めた作業では、園庭で元気に遊ぶ子供達に、
「なにやってるの~?」
「あ!稲刈ってるんでしょ~?知ってるよ!」
と、たくさん声をかけてもらいながら賑やかに刈り取りをしました。
園庭内にあることで子供達も興味を持ってくれてお米について話しながらの作業はとても楽しかったです。

稲刈り1 稲刈り2

わんぱく広場では、夏休み前に続き雑草がかなり生えていたので稲刈りをしたあとに雑草も取りました。

稲刈り4 稲刈り3
稲刈り5 稲刈り6

週末は台風が来る予報だったため、刈った稲はログハウス内に干すことになりました。
刈り取った稲ですが、刈った直後から水分が飛び始めるため耳を澄ませると「パチッパチッ」と音がします。
この音を聞くと「秋が来たな~」と感じます。
連休開けには陽の当たる外に干して水分を飛ばし、美味しいお米になるよう見守りたいと思います。

稲刈り7 稲刈り8

たん母くらぶ部長 石丸真由美
スポンサーサイト

夕涼み実行委員会反省会

2017.10.11 04:12|夕涼み会活動報告
9月11日(月)、夕涼み実行委員会反省会が行われました。

はじめに園長先生と恵子先生よりお話をいただきました。
昨年と違う状況のなかでの夕涼み会が例年の通り盛会だったこと、実行委員会の団結力から大人の青春を感じられたことなどをお聞きするうちに、アツい夏がよみがえって来るように感じました。

会計さんからの売り上げ報告に続き、各売店さんごとに今年の反省や感想、改善点などを発表していきました。初めての状況も多数あったなか、各売店の方々が協力して工夫しながら運営にあたってくださったことが伝わってきました。来年度に繋げていこうと思います。

お一人ずつの感想も「楽しかった!」という気持ちが溢れた明るいものでした。みなさんで作り上げた夕涼み会は、かけがえのない思い出になったのではないでしょうか。

最後まで明るく楽しい実行委員会でした。本当にお疲れさまでした。ありがとうございました!

夕涼み反省会1 夕涼み反省会3
夕涼み反省会4 夕涼み反省会2

夕涼み会の報告を特集したカンガルー新聞を発行しました。ぜひご覧下さい。

(総務 塚田)

川崎市幼稚園父母の会大会

2017.10.11 03:55|その他
9月8日(金)、川崎市教育文化会館にて「第42回川崎市幼稚園父母の会大会」が行われました。
宮前幼稚園からは、50名ほどの保護者代表が参加いたしました。
9/8父母連1 9/8父母連2

式典では、父母の会連合会会長、川崎市幼稚園協会会長からのご挨拶があり、続いて、川崎市長、川崎市議会議長からのご祝辞がありました。

現在、川崎市の幼稚園数は私立幼稚園、認定こども園あわせて85園、園児数は20800人となっています。
川崎市は3歳から5歳までの人口が横浜市より多く、園児数は川崎市・東京都・横浜市共に同程度のようです。
意見発表では常任委員のお二方よりご意見を拝聴し、来賓紹介、祝電披露の後で父母の会会長より宣言決議が発表されました。
9/8父母連原会長 9/8福田川崎市長
(父母の会連合会会長 原会長)          (福田川崎市長)

会計 久保

*****************************************************

【感想】

9/8に 川崎市幼稚園父母の会大会に参加しました。会場に着くと あまりの人の多さに驚きました。
一番印象深かったのは、幼稚園協会会長さんがお話された 「子どもは親の鏡」という言葉です。
その中でも「子どもは批判されて育つと 人を責めることを学ぶ」... 自分の子どもへの接し方を考えさせられました。今日からもっと 認める言葉がけを心がけようと思いました。
(あさがお組 廣江)


川崎市幼稚園協会会長の鈴木先生のお話より、子供の性格について教えて頂きました。
子供の性格は、元から持っている「先天性」のものと、生活環境によって培われる「後天性」の2つによって決まると言われていて、特に「後天性」の影響が大きいといわれています。
子供は、大人をお手本にして育っていくという事で、「子は大人の鏡」という、耳の痛いお言葉でした。
自分の子供が大切なのは、誰もが同じ筈なのに、自分の余裕が無い時など、愛情いっぱいの対応が出来ない事が多々あります。そして、その度に反省する毎日・・・。
3歳まで続いた「イヤイヤ期」の真っただ中に、幼稚園に入園した2人の娘達。
年長の姉は、随分と大人びた言葉を使うようになって来たり、年少の妹は、「この洋服はイヤ!」など、少しずつ自分の意見を言う事が増えてきました。
あと何年、手をつないでくれるかな・・・?
あと何年、「ママ大好き!」って言ってくれるかな・・・?
と思う反面、あと数年後に迎える現実・・・ランドセルを背負って「行ってきます!!」と、私に手を振りながら1人出かけていく後ろ姿を想像すると、嬉しさ半分、寂しさ半分とゆう、何だか複雑な気持ちでいっぱいになります。
あっという間に子供は成長してしまいます。子供が幼稚園の時くらいは、「優しい母」「穏やかな母」という姿を見せていたいな・・・。
と思った父母連大会でした。
(みかん組 鈴木)
プロフィール

宮前幼稚園父母の会

Author:宮前幼稚園父母の会
父母の会の活動について、
保護者の方々にお伝えします。

アクセスカウンター

最新の記事

も く じ

過去の記事(月別)

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク

検索フォーム

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。