FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第43回 川崎市幼稚園父母の会大会 感想

2018.09.12 09:37|その他
『心豊かにはぐくむため いきいきした子育てを』
という大会テーマの第43回川崎市幼稚園父母の会大会に参加させていただきました。
子育ては日々喜びと悩みの連続。
長女を出産してから子どものために常に全力疾走の私にとって、
父母の会連合会会長 原さんの「親が心にゆとりを持つことが心豊かに子どもを育むことにつながる」というお言葉や、
意見発表された倉谷さんの「子育ての迷いや葛藤は親の私たちに余裕(心の余裕・身体の余裕・環境的な余裕・経済的な余裕)があればどれも乗り越えられる事ばかり」とのお話は、自分自身の余裕の無さを改めて考える良い機会でした。
思い描いていた優しい母親でいられなくなり、感情的に子どもを怒ってしまうのは、寝不足で身体の余裕が無い時や、
私の時間配分が上手くできていなくて時間ぎりぎりの心に余裕の無い時ばかりと反省していたところでした。
有難いことに子育てに悩んだ時、幼稚園には親身になって相談に乗ってくださりアドバイスくださる先生方や、先輩ママ、
同じように子育てに悩み相談し合える仲間がいます。母親の私自身が自らの余裕を作り、
ゆったりした気持ちで子どもたちと向き合える努力をし、
人生の中で幸せなこの時を子どもたちのためにも精一杯楽しみたいと思います。

急速に幼児教育無償化に向けての動きが進み、2020年度開始予定を前倒しし、2019年10月より無償化が始まろうとしていることを知りました。幼稚園教育の質の向上と保護者の教育費負担軽減に対する活動を行なってきた父母の会連合会の方々のご尽力と感謝致しております。    

行事活動部 大澤 舞


父母連


今回の父母連大会は昨年秋に完成したカルッツ川崎で行われました。
新しい香りがまだ残る綺麗な会場は入るだけでワクワクする所でしたが、
2000人近い保護者の方が集まったそうで、その人数の多さ、
そして国歌斉唱で始まる物々しい雰囲気に最初緊張しました。

大会でのお話は来年10月に幼児教育無償化の実施が
予定されている事もあり、
市長始めみなさん その話を取り上げられてました。
その中で印象に残ったのは、
父母の会役員お二方の「意見発表」の姿でした。
壇上に市長他 50名近くの衆・参議院、県や市の議員の方々が同席されている目の前で
お二人とも私たちと同じ保護者という立場で、とてもストレートに
「保護者の経済的負担の軽減や幼稚園教育の質の向上」などを伝えられていました。
最初、集まっていた人数の多さに圧倒されてましたが、
その人数の多さこそが、この意見の重みとなって市や国に訴えかける力となってることを感じました。
そして今までの活動が、幼児教育無償化実現などにも繋がっているんだと思います。
父母の会の役員の方は皆さん子育て真っ只中の中、
自分の子どもだけでなく、幼稚園・川崎市全ての保護者や未来の子どもの為に活動してくださっていて
とてもありがたいと感謝の気持ちで一杯になりました。

自主活動部 吉田 めぐみ

スポンサーサイト

平成30年度 父母の会連合会第1回定期総会

2018.06.14 10:35|その他
6月7日(木)川崎市中原市民館にて、
「平成30年度 父母の会連合会第1回定期総会」が行われました。
川崎市の幼稚園85園中、69園の出席(16園は委任状)で、宮前幼稚園からは5役が出席しました。

総会では、川崎市幼稚園協会会長の鈴木伸司園長先生からのご挨拶があり、
幼児教育・保育の無償化などについてお話しされました。
続いて、平成30年度の役員選出・事業報告・会計決算報告の承認が行われました。

鈴木さん

川崎市幼稚園協会会長 鈴木伸司 園長先生

原さん

父母連会長 原典之さん

みんな

平成30年度父母連常任委員の皆様



総会の後、
川崎新田ボクシングジム会長の新田渉世先生の講演会がありました。

テーマ「リングが教室。」

新田先生は、1967年神奈川県生まれ。
横浜国立大学在学中にプロデビューし、1996年に東洋太平洋バンタム級王座を獲得し、「初の国立大卒王者」として話題になりました。
30歳で引退後、米国生活、サラリーマン生活を経た後、2003年にジムを開設しています。

【ジムで出会った人々が、ボクシングを通して伝えてくれたメッセージ】

・屈辱的な敗戦をしたボクサーが「負け」を受け入れるまでの苦しさと「負け」を乗り越えようとする姿
→「負けに負けるな」というメッセージ

・いじめられっ子だった人がボクシングを通して勇気と自信を取り戻し、一つのことを成し遂げた時、過去の呪縛から解放される
→一つのことを成し遂げることが、大きなことを成し遂げることに繋がる

・負けても格好悪くても、何度でも壁に立ち向かい、少しずつ壁を乗り越える力をつけていく
→諦めずに続ければ、少しずつでも長い目で見れば大きな一歩になる


今後子どもたちが壁にぶつかった時に、諦めずに乗り越えられるように、親として手助けして行けたらと思いました。

りんご組 角田

川崎市幼稚園父母の会大会

2017.10.11 03:55|その他
9月8日(金)、川崎市教育文化会館にて「第42回川崎市幼稚園父母の会大会」が行われました。
宮前幼稚園からは、50名ほどの保護者代表が参加いたしました。
9/8父母連1 9/8父母連2

式典では、父母の会連合会会長、川崎市幼稚園協会会長からのご挨拶があり、続いて、川崎市長、川崎市議会議長からのご祝辞がありました。

現在、川崎市の幼稚園数は私立幼稚園、認定こども園あわせて85園、園児数は20800人となっています。
川崎市は3歳から5歳までの人口が横浜市より多く、園児数は川崎市・東京都・横浜市共に同程度のようです。
意見発表では常任委員のお二方よりご意見を拝聴し、来賓紹介、祝電披露の後で父母の会会長より宣言決議が発表されました。
9/8父母連原会長 9/8福田川崎市長
(父母の会連合会会長 原会長)          (福田川崎市長)

会計 久保

*****************************************************

【感想】

9/8に 川崎市幼稚園父母の会大会に参加しました。会場に着くと あまりの人の多さに驚きました。
一番印象深かったのは、幼稚園協会会長さんがお話された 「子どもは親の鏡」という言葉です。
その中でも「子どもは批判されて育つと 人を責めることを学ぶ」... 自分の子どもへの接し方を考えさせられました。今日からもっと 認める言葉がけを心がけようと思いました。
(あさがお組 廣江)


川崎市幼稚園協会会長の鈴木先生のお話より、子供の性格について教えて頂きました。
子供の性格は、元から持っている「先天性」のものと、生活環境によって培われる「後天性」の2つによって決まると言われていて、特に「後天性」の影響が大きいといわれています。
子供は、大人をお手本にして育っていくという事で、「子は大人の鏡」という、耳の痛いお言葉でした。
自分の子供が大切なのは、誰もが同じ筈なのに、自分の余裕が無い時など、愛情いっぱいの対応が出来ない事が多々あります。そして、その度に反省する毎日・・・。
3歳まで続いた「イヤイヤ期」の真っただ中に、幼稚園に入園した2人の娘達。
年長の姉は、随分と大人びた言葉を使うようになって来たり、年少の妹は、「この洋服はイヤ!」など、少しずつ自分の意見を言う事が増えてきました。
あと何年、手をつないでくれるかな・・・?
あと何年、「ママ大好き!」って言ってくれるかな・・・?
と思う反面、あと数年後に迎える現実・・・ランドセルを背負って「行ってきます!!」と、私に手を振りながら1人出かけていく後ろ姿を想像すると、嬉しさ半分、寂しさ半分とゆう、何だか複雑な気持ちでいっぱいになります。
あっという間に子供は成長してしまいます。子供が幼稚園の時くらいは、「優しい母」「穏やかな母」という姿を見せていたいな・・・。
と思った父母連大会でした。
(みかん組 鈴木)

川崎市幼稚園父母の会定期総会

2017.03.09 19:22|その他
川崎市幼稚園父母の会定期総会

2月24日(金)、川崎市中原市民館ホールにて、川崎市幼稚園父母の会定期総会が行われ、5役が参加しました。

あ

父母連副会長を務めている、当園の谷村さんの開会のことばから始まり、会長青木功雄さん、川崎市幼稚園協会会長のあいさつがありました。
次に、平成29年度事業計画案、会計予算案の承認、その後、任期を終える常任理事の方々へ、賞状と記念品が授与され、今年度最後の父母連総会は、閉会しました。

2年間常任理事を務めた、もみじ組の谷村さんに、任期を終えての感想をお聞きしました。
*****************************************************

2/24の総会で、今年度の父母連活動を終了しました。(県連は、任期が6月までとなり、引き継ぎがあります)
2年間父母連の常任委員を努めさせていただき、ご指導くださった先生方や他園の保護者の方と出会えたこと、市長や市議会議長と直接お話しをさせていただき、保護者としての想いをお伝えすることが出来たことなど、本当に貴重な体験をさせていただきました。このような機会を与えていただき、本当にありがとうございました。
私達が子どもを預ける幼稚園は、自園だけのものではなく、幼稚園協会を基盤として、園長先生方の細やかな活動や配慮によって、より良いものとすべく毎日考えられていることを知り、また平等に教育を受けるため、更により良いものとしていくためには、私達保護者が思いを伝え園と協力して行動することの大切さを改めて感じました。
この2年間は、自分の子どもや園だけでなく、子育てについて考える良い機会となり、幼児教育の大切さを改めて感じることが出来た毎日でした。
ここで学ばせていただいた本当に沢山の事は、人生の宝物として大切にそして少しでも活かしていけるよう励んでいきたいと思います。
(もみじ組 谷村)
*****************************************************

谷村さん、お疲れ様でした。
父母連総会での沢山の方々のお話、講演会等、とても勉強になりました。今後の育児や生活に役立てていきたいと思います。
(会計 溝口)

卒業遠足 付き添いお手伝い 2月17日

2017.03.01 13:46|その他
春一番が吹く強風の中、卒業遠足の付き添いに行ってきました。
年長クラス役員さん2名が園より割り振られたクラスに付きます。当日の欠員は、年中少の体力に自信のある?役員さんに交替で歩いて頂きました。
1487771058506_(1)_convert_20170301134022.jpg
(出発前 やる気満々のお母さん達)

西福寺から東高根森林公園へ交通量の少ない道を選んで歩きます。道中の横断誘導、安全の確保がメインのお仕事です。
子ども達は、励まし合ったり、歌を歌いながら楽しんで歩いていました。
2時間かけて5キロの距離を立派に歩き切った子ども達。充実した顔があちこちに見られました。

お手伝い頂いた役員さん、本当にお疲れ様でした。

*お手伝い頂いたお母さんの感想
【年少 母】
年長さん視点で歩くのは新鮮で楽しく良い思い出になりました。
【年中 母】
さすが緑バッチ!と思えるたくましい姿を見ながら一緒に歩けて楽しかったです!
【年長 母】
途中疲れや不安が見えることもあったけれど、ゴールにはみんな自信がついた良い笑顔が見られました。
【年長 母】
一人では萎えてしまうけれど、皆となら軽くやってのけてしまう年長さんが凄くカッコ良かったです!

(書記 小野寺)
プロフィール

宮前幼稚園父母の会

Author:宮前幼稚園父母の会
父母の会の活動について、
保護者の方々にお伝えします。

アクセスカウンター

最新の記事

も く じ

過去の記事(月別)

| 2019.01 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク

検索フォーム

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。